So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ServersMan SIM LTE 総括

今までお世話になった格安SIMの総括をする。
私はいわゆるセルスタンバイ問題を回避するためSMSオプションをつけていた。
SMSも送れたし、これ自体は良かったと思っている。
私が使い始めた頃にあった、混む時間帯にGmailのアプリがタイムアウトする問題は解決したようで、ここ数年は普通に使えている。
LTEに対応するときに強制的にSIMを交換させられたのだが、その手際が悪く、嫌な思いをさせられた。
有料のIP電話サービスがある。無料期間に試したが使い物にならなかったので、有料になるまえに解約した。
通信速度は最大250kbpsだそうだが、Gmailでテキストメールを読んだり、カレンダーでスケジュールを見たりする分には問題はない。
使いすぎると遅くなるようだが、私は制限されるほど使ったことはなかった。
TwitterアプリでTwitterを表示すると、表示するまで時間がかかる。使えなくはないが、快適ではない。
ウェブブラウザでウェブを見るのは、軽いサイトでも表示に時間がかかるので、時間的な余裕とかなりの気の長さが必要である。
docomoのつながりやすさと信頼性もよく分かった。
アンテナの強度表示は最大なのにSMSの送信に何度も失敗することがあるSoftbank 3Gとは、さすがに違う。


2017-10-22 15:35  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

covia FLEAZ Que

docomoのL-07C(Android 2.3.3)で動かしていたLINEが「6.0.0未満のバージョンのサポートは終了しました。」と表示されてほぼ使えなくなったので、covia FLEAZ QueとOCNの音声SIMのセットを購入した。
gooSimsellerの「らくらくセット」ではマイクロSIMしか選べないが、SIMのセットであればナノSIMも選べるのが利点である。

FLEAZ QueはL-07Cより少し大きくなったが、プラスチックの裏蓋を開けて、バッテリーを外してSIMやマイクロSDを挿す設計は一緒だった。
当然、バッテリーの交換も簡単である。
着信のLEDはない。
OSの状態はシンプルで良い。
標準の文字入力(Google 日本語入力)をフリップ入力で使っているが、文字入力も問題ない。
RAMは2GBなので、アプリケーションも普通に動く。
小ぶりかつ普通に使える端末だという感想である。

Android 2.3.3の上のLINEは機種変更の設定もさせてもらえないが、メールアドレスは登録してあったので、そのメールアドレスを使ってLINEの設定をした。
アカウントの引き継ぎはできて、友達と、数日前のトークの内容は引き継がれたが、LINEが使えなくなってから友達申請をしてくれていた人たちの情報は引き継がれなかった。
不義理になってしまったが、誰から友達申請をもらっていたのかすら確認できないので如何ともしがたい。

今回はSIM交換に伴って電話番号を変えたので、上記手順はL-07Cで使っていたServersMan SIM LTEのSIMをFLEAZ Queに挿して行った。
その後で、下記公式ブログの手順を使って、引き継ぎの許可をしてから、Line アプリをアンイントールし、OCNのSIMに差し替えて、APNの設定を変更してから、Line アプリを再インストールして、電話番号も引越した。
http://official-blog.line.me/ja/archives/53494977.html

それにしても、LINE Corporationさんが古いバージョンのサポートを止めるのは仕方がないと思うが、引越し手続きすらさせてもらえなくなるのはやり過ぎだと思う。

Covia Fleaz Que(CP-L45s) ブラック 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM)

Covia Fleaz Que(CP-L45s) ブラック 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM)

  • 出版社/メーカー: NTTコミュニケーションズ
  • メディア: エレクトロニクス



2017-10-01 13:11  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

P9 liteでテザリング

Bluetoothを使ったテザリングを行なった。
俗に言うSIMフリースマホと格安SIMの組み合わせなので、何の苦労もなくテザリングできた。


2017-09-17 22:43  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

P9 liteでの緊急速報メールの設定

HUAWEI P9 liteは最初から地震警報や津波警報に対応していて、さらに追加の設定をすれば自治体からの災害情報等も受信できるようになるそうである。
そのための設定は利用している携帯電話網によって異なり、ドコモ網の場合は十六進表記でA001, A002, A004からA3FFとなるそうである。
ということで、P9 liteで、その設定をしてみた。
Android 6.0の時は設定から設定したが、Android 7.0ではメッセージ(アプリ)を開き、その他、緊急速報メール、設定、チャネル設定とたどっていき、チャネルの追加をタップし、チャネル番号を十進表記で追加する。
具体的に追加したチャネル番号は、40961, 40962, 40964から41983までの計1022個である。
とりあえず1022個のチャネルを追加できることを確認した。

参考にしたURL
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1991
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1943
http://www.dream-seed.com/weblog/note/sim-free-smartphone-etws


2017-09-10 11:07  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Nougat on P9 lite

Nougatにアップグレートしてから、P9 liteをUSBケーブルでPCにつないでPCからファイルの操作ができなくなっていた。
管理者向けオプションを使えるようにして、USB設定を確認したら、充電のみになっていた。
そこをファイル(MTP)か写真(PTP)にしたら、PCからファイル(写真)の操作ができるようになった。



Creators Update

ThinkPad E440がCreators Updateに更新された。
更新は問題なく終了した。
高速スタートアップを有効にされていた。
スタートボタンの右クリックではコントロールパネルにたどり着けなくなった。
プライバシー設定は更新前の設定が残っていたようであった。



Huawei連絡先

P9 liteの連絡先をGoogleアカウントの連絡先と常に同期させるためには、設定-アカウントでGoogleアカウントの連絡先の同期をonにし、かつ連絡先のメニュー-表示設定でGoogleアカウントを選ぶ。




2017-02-19 14:04  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

P9 liteのバッテリーマネージャー

P9 liteはバッテリーの持ちが良いと言われるが、それに貢献しているのが(たぶんHUAWEI製の)バッテリーマネージャーだと思う。
バッテリーマネージャーは節電重視の設定になっているので、電話が使えれば良いという人以外は、色々と設定を変更しなくてはならない。

これに関連して、バッテリーマネージャーの保護されたアプリでの設定は、
設定-アプリ-アプリ名(eg. Chrome, LINE)-電池-画面消灯後も実行を継続
と連動していて、どちらで設定しても同じ結果になる。




2017-02-12 11:27  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HUAWEI P9 lite & OCNモバイルONE

HUAWEI P9 liteとOCNのSMS対応データ通信専用SIMのセットを購入した。
いわゆるSIMフリースマホと格安SIMのセットである。

P9 liteのOSはAndroid 6.0である。
今まで使っていたスマートフォンが6年近く前のLTEにも対応していない端末だったので、それと比べたら何をやっても速くなり、バッテリーも持つようになったので、外寸が大きくなったことと設定が複雑になったこと以外は快適に使えている。

050 plusを試したが、端末がスリープ状態になると着信しない。
色々試したが、050 plusがandroid 6で導入されたDozeモードに対応していないのが原因のようであった。

購入後に電話機能が必要になったので、音声通話機能付きSIMカード(音声SIM)を買い足して、SMS対応データ通信専用SIM(データSIM)は解約した。
データSIMも音声SIMも登録に事務手数料はかからなかったようなので、それぞれの購入金額が事務手数料(初期費用)に相当するらしい。

OCN モバイル ONE アプリを使うとデータ通信の利用量が分かるのが面白い。
Chromeを使うと利用量が跳ね上がる。
高速通信を前提にした重いホームページが増えていることを認識させられる。
データ量を減らしたいときはChromeの設定でデータセーバーをonにすると良いようである。




OCN モバイル ONE SMS対応SIMカード 月額1,101円(税込)~(ナノSIM)

OCN モバイル ONE SMS対応SIMカード 月額1,101円(税込)~(ナノSIM)

  • 出版社/メーカー: NTTコミュニケーションズ
  • メディア: エレクトロニクス






OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMカード 月額1,728円(税込)~(マイクロ、ナノ、標準)

OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMカード 月額1,728円(税込)~(マイクロ、ナノ、標準)

  • 出版社/メーカー: NTTコミュニケーションズ
  • メディア: エレクトロニクス



2017-02-05 13:33  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ドア交換

助手席ドアの下部に錆を見つけたので、車屋さんに持っていったら、直せないからと中古のドアに交換となった。
leftdoor.jpg


2016-11-06 14:51  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]